跡地BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FT自作プラグイン紹介【N-ゲージ風建物シリーズ】



 各社のストラクチャーをモデルにしたものは既存のプラグインにもいくつかありますが、趣旨はそれらと同じです。

 まだ数は少ないのですが、目に付いた建物を少しずつ作っていこうと思います。

 ダウンロードはこちらからどうぞ。





・トミックス マンション風
クリックでパーツ全体が見られます


 拙作のプラグインには珍しく、四方向対応しています。

 出来が良くて(自画自賛・笑)気に入ってしまったため、調子に乗って色変えスプライトを増やしまくってしまいました。




・予告

 同じくトミックスの商業ビルを作りたいです。

 KATOのファッションビルなんかも萌えるので、追々作って行きたいところです。




以下余談:

 初めてこいつを見たのは、小さい頃トミカのセット商品に付属してきた販促ビデオでした。

 (私とトミカとの関連についてはここを参照)

 そもそもトミカシリーズでは、リアルな形状の建物は少なく、かつマンションやテナントビルのような、華も無く乗り物との関連も薄いストラクチャーというものはほぼ皆無でした。

 故に、トミカのパーツをふんだんに使った夢のようなレイアウトもさることながら、トミカの街に(明らかにスケールが違うのに)置かれたこのマンションを見て、幼心に感激した思い出があります。

 ちなみに後で知ったのですが、どうしてトミカの関連商品でもないこのマンションが、販促ビデオに出ていたのかというと、簡単な事で、このマンションをつくったトミックスという会社(ブランド)は、当時のトミー(現タカラトミー)によって創設された(現在は系列の子会社トミーテックに譲渡?)ものだったのでした。ブランドや対象年齢こそ違えど自社製品、ビデオに出ていても何らおかしくないのです。

 しかし、つい最近実家に戻って改めてそのビデオを見てみても、ジオラマの制作にかなり気合が入っていて(トミカ・プラレールブランド以外のものが至る所に、しかも効果的に使われている)、「これじゃトミカの販促にならんくね?」と思ったのでした。

 これを見た当時の(目の付け所が違う)子供が


「パパー、次はあのマンション欲しいー」


 と言い出して、パパがすかさず


「よーし、じゃあ明日買って来てやるぞ!」


 と請け負い、売っているはずもないデパートのおもちゃ売り場でスーツ姿で右往左往している様を思わず想像してしまい、目頭が熱くなりました。

 鉄道模型専門店にでも行かないと無いのでは?

 (一応、「このビデオでは楽しい乗り物の世界を表現するため、一部自動で動かない製品を自動で動かしています」みたいなテロップはありましたが、まさかマンションに興味を示す自分みたいな子供は想定外だったのでしょうか...)

 で、当の当時の私はというと…。

 今回のプラグイン同様、静止画像(今回は模型ショップの写真を見ながら作りましたが、当時はビデオを一時停止)から四面を書き起こして、自作しましたよ。紙でですが。

 そして10年以上の時を超え、今こうして、朽ちる事のないデジタル上で、あのビデオのマンションが蘇ったのです。

 いやー、感無量ですねぇ。
 



 2013.1追記:
 なんと件のビデオを発見しましたw ネットの海は広大だわ…。

 てか結構知っていた人多くて驚きました。ちなみにトミックスのマンションは0:17に始まり全編で見られます。


 
  1. 2011/05/29(日) 06:45:46|
  2. Free Train
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FT自作プラグイン紹介【その他】 | ホーム | FT自作プラグイン紹介【MOPS(旧称:分割組み立て式)】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://silkyash2heathaze2.blog107.fc2.com/tb.php/54-88aaa2ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

過去の記事

カテゴリ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。